上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学5年から一緒の幼馴染(?)と、見に行ってきました。十和田です。
この時かけ少女。結構いろいろ実写映画になったりとなってるようで、
相方に聞くと(実写は)面白くなかったとのことでした。
でも今回の時かけは映画評価とかで見ると、かなり上位だったりするんですよね。
それで気になってた所に、幼馴染からお誘いがきたので、
さっそくいこー!ってことで今日いってきたわけです。




【時をかける少女】URL

  日時:2006年08月09日(水)
  劇場:テアトル梅田
  上映時間:100分

  製作会社:角川書店
  制作会社:マッドハウス
  監督:細田守
  原作:筒井康隆(角川文庫刊)
  脚本:奥寺佐渡子
  キャラクターデザイン:貞本義行
  美術監督:山本二三
  音楽:吉田潔
  配給:角川ヘラルド映画


※微妙ネタばれ注意
前半から寝坊するわ、煮えてる油鍋にキャベツが入るわ、
男子の下敷きになるわと、好印象な主人公でした。
どっちかというとスポーツタイプですね。
んで、この主人公・紺野真琴は、
間宮千昭(ちあき)津田功介(こうすけ)という男の子と仲良し。

まぁ、ぶっちゃけ前半は、
時を逆戻りする能力を、どうやって使いまくるようになるか
という説明でした。
でもうまい具合にできてますね、能力が覚醒するの死を回避するところで初発動するし。
何回か試してるうちに、使いまくるようになります。
でも時をさかのぼった後、どっかに必ず転がりながらぶつかるのが笑いました。
劇場でもクスクスという笑い声が出たりしてね。


ちなみに時かけ少女、
背景もさすが元ジブリの方がやってるだけあって、雑ではありません。
声優さんも、キャラにあってる感じで合ってます。

んで後半に近づくにつれ、じょじょに切ない展開になっていきます。
主人公の真琴に、

いままで時をさかのぼって楽してきた分が、一気に振り返ってくるんですよ

災難から逃げたら結局自分に帰ってくる法則みたいな。
それがうまい具合に不自然じゃなく出来ていて、楽しく見れました。
あそこの出来事を事前に知ってるから、こう利用して!とか。
でもなかなかうまくいかないのも、また面白い。

んでそれから、後半になるにつれ切なくなる原因が発生。

功介が他の子に告られたり。

主人公千昭に告られたりとか。


ぶっちゃけ、ここまでなら普通のベタベタな恋愛ストーリーなんですがね。
時をさかのぼる事が、千昭主人公に深く関わってきます。

もうなんだ…後半、何回泣きそうになったことか…。
切なかったです、泣けました。主題歌も反則ですよ。
まさか、

そういう展開ですか!?えぇぇ・゜・(PД`q。)・゜・

ってのもあったりで、終わってみれば、あっという間でした。
一気に最後まで見れます、ほんとに。
個人的には、主人公が最後の時をさかのぼる所が印象的。
もうあそこで泣きそうになる度がグンッとUP。

イメージワード
1.切ない
2.泣ける
3.笑える

が、よくわかります。確かに切なすぎるしっ!;;
もう一回見に行きたいなーと思うし、DVDほしいです。まじで。

ちなみに劇場では、
スタッフロールが流れてる間、誰も席を立たなかったのが印象的でした。
みんな飲み込まれたまま、戻って来れなかったのかしらねw
私もなんて気持ちいい終わり方なんだろう。と思いました。
立とうとは思わなかったです。

久々に良い映画を観ましたね!



追記:
それに比べてゲドの評価がひどいことやら。
中にはイイ!っていう人もごくまれにいるようですが…。
そりゃね、実際見なきゃわからんだろうけど。
CMでさ、誰かの声だったと思うんだけど聴いた瞬間、

何このド素人の演技は??棒読みじゃん;

これが率直な感想。
こういうのが1人でもいると、非常に見るに耐えれないでしょうねきっと。
私はそういうのに萎える人なので、一年後とかそれぐらいにタダで見て、
やっぱりwwwwwwwとかブログに書くことを予想してみたり。

スポンサーサイト




時かけは今年の夏のアニメで一番いい出来だよー。うん。
業界内評判もいいです。
お友達が死にそうになりながら動画描いてた作品(笑)

ゲドは、あれです。
「親のふり見て我ふり直せ」の出来なかったダメ息子・・・。
親のいい所吸収して、駄目なところ直して・・・が出来てればねー(汗)
【2006/08/22 12:17】 URL | ruri #J8WwQAaw[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 睡眠☆万歳, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。